ハッピーメールで会ったのだめ似の子が匂いフェチだった

以前出会い系サイトのハッピーメールで知り合った女性の中に、のだめ(のだめカンタービレの主人公・野田めぐみ)似の娘がいました。

当時私は27歳の男性で、仕事は会社員です。
ただ就業時間は午後1時~深夜0時と夜型勤務だった為、深夜に結構暇してました。
深夜に仕事が終わっても、仲の良い有人はもう寝るから・・と遊んでくれません。
そこで出会い系サイトを利用し、手持ち無沙汰な深夜を過ごすようにしてました。
私の外見ですが、お笑い芸人ナインティナインの矢部さんの若い頃みたいな感じです。
背が高くて細身、髪は黒髪ストレート。
顔は普通より上程度で特別イケメンってわけではありません。
でもホスト系の服装をしてたからか、女性受けは結構良かったですね。

いつものように仕事を終え、深夜に出会い系サイトのハッピーメールで女性探しをしてると19歳の女性を見つけました。
私は女性が掲示板に書き込みをしたのに連絡をいれるのですが、深夜1時過ぎだというのに新規書き込みがあったんですよね。
連絡を入れるとすぐ返事をもらえ、そのままラリーを続けることになりました。

相手の名前はアヤちゃんで、年齢は19歳。
職業は専門学校生・・ですが、学費稼ぎの為にバイトでキャバ嬢もしてるんだとか。
彼氏はいたんですが、現在は別れてフリー。
バイトでキャバ嬢をしてるからか、夜になっても眠れないことがあって・・・という感じでこの日はハピメを利用したようでした。
私は仕事が終わるのは深夜0時過ぎてからですし、こんな時間にフリーになっても遊んでくれる人もいません。
なので夜眠れない時があったらいつでも話し相手になるからね~と優しく対応してあげました。
まあこんな時間から会おう会おうっていっても無理かと思ってましたし、LINEでのやり取りならお金もかかりませんしね。
出会い系サイトでのやり取りは30分程、その後はLINEでやり取りしアヤちゃんが眠たくなるまで相手してあげました。
初日はこんな感じでチャットのみで、実際に会ったりはしませんでした。

アヤちゃんと会ったのは、それから三日後の週末です。
この日はアヤちゃんもキャバ嬢のバイトをしてたんですが、仕事を終えてから遊ぼう?とアヤちゃんからお誘いを受けました。
若干私のほうが早く終わりそうでしたし、アヤちゃん指定場所へ車で迎えに行くことになりました。
待ち合わせ場所は飲み屋街の裏手にある公園の入口。
ハザード出して停車してるから。車は○○で青色、車番はXXだからとこっちのデータは伝えておきました。
すると予定時間5分前に、助手席側からこちらを覗いてくる女性がいました。
これがアヤちゃんです。
窓を開けて、アヤちゃん?とたずねると、そう!と返事をもらえたので、すぐドアを開けてアヤちゃんを招き入れました。
アヤちゃんの外見ですが、結構ムッチリタイプでした。
身長160cmちょいで体重55kg前後、でも太ってるって程ではありません。
肩付近の肉付きが良いとでもいいましょうか。
海外ドラマウォーキングデットに出てくるマギー・リーみたいな感じで、良い意味のムッチリセクシー系ギャルでした。
服装は柄物のキャミソールに黒のカーディガン、下はベージュのパンツ。
ただカーディガンを羽織っていても胸元がチラチラ見え、これがかなりセクシーでした。
とりあえず車内で話をし、お互い第一印象OKっぽいのでそのまま車を走らせました。

デートコースですが、この時間でも営業してて凄く美味しい中華料理屋さんでまずは食事。
職業柄、深夜あいてるお店には詳しいですし、アヤちゃんも気に入ってくれました。
その後はドライブデート。
市内中心部から車で20分程の場所にある夜景スポットまで出かけます。
道中コンビニで買ったお菓子やお酒(私はウーロン茶)をつまみながら。
こういう所に連れてきてもらったことがなかったのか、アヤちゃんは凄く気に入ってくれました。
その後は私の自宅へ連れ込んでアヤちゃんとエッチな関係を持ちました。

ここまでは普通の出会い系サイト体験談です。
でも自宅へ連れ込んでから、アヤちゃんは本性を出してきたんです。
臭いフェチっぽく、自宅に入るなりいきなりアヤちゃんは深呼吸して自宅の臭いをかぎだすんです。
最初は臭いフェチってことを隠してないだけかな?なんて思ってたんですが、これがなかなか酷い。
エッチを終えると、私の着ていたシャツのにおいをかぎだします。
口元でスーハースーハーするんです。
また漫画のだめカンタービレの主人公・のだめのように乳首当てゲームっぽい事もしてきました。
エッチ後、私は黒色のシャツを着てたんですよね。
するとアヤちゃんは人差し指で私の乳首のありそうな場所をツンツンついてくるんです。
何してるの?と尋ねると、乳首がここにあるかな~と思って・・・と言いながら乳首を突こうとするのをやめません。
しかもだんだんとアヤちゃんが興奮してきてるんです。

また、自宅に招き入れた時ににおいフェチかな?と思ってましたが、やっぱりそうでした。
それも重度の。
シャツの臭いだけでなく、私の下着の臭いまでかぎだしました。
脱いだトランクスをそのままにしてあったんですが、アヤちゃんはトランクスの臭いをかぎだすんです。
さすがにトランクスの臭いを嗅ぐ時は、かいでもいい?と私に許可を求めてきましたけど。
どうも男性の臭いを嗅ぐと落ち着くらしいんです。
臭いフェチなところや乳首当てゲームをしてくる所がのだめそっくりで、のだめみたいな娘が本当にいるんだな~とビックリしました。