出会いサイトのハッピーメールを探索中に、まるでルパン三世に登場する峰不二子の熟女バージョンに出会いました。
彼女のプロフィールではB98W58H95のボンキュ・ボンのナイスバディ。年齢は36歳で独身。
職業は秘書。ミステリアスな女性です。

【関連】ハッピーメールの口コミ評判

私は平凡な中年サラリーマン。「ハードルが高いかな」と思いつつ、メッセージで「来週の週末、会えませんか」と送信。すると、2日後に、彼女から返信がありました。

「あ〜ら、 あなたはお金持ちですか?」
「私は経済力がある人がタイプです」

とお金に目がなさそうな文脈。まさに、峰不二子です。

私はルックスには自信はないが、経済力はそれなりにあったので、「お金は結構持ってますから、ごちそうしますよ」とメッセージを送った。

すると、彼女が食いついてきた。「ラインの交換しましょうよ」

早速、ラインを交換して、彼女に少し弱いが経済力を猛アピール。

彼女は金に目が眩んだのか、すぐに会う承諾をしてくれました。

そして、銀座で待ち合わせ。
「彼女はレベルが相当たかい」と思って、いっちょらのブランドスーツにロレックスを身につけ、待ち合わせ場所にむかいました。

そして、御対面の時。そこには、バブル期の、いや、今では時代錯誤であろう、赤いボディコンのワンピースを着た女性が揚々と立っていた。
彼女はプロフィール通りのスタイルでフェロモン全開。髪はストレートでロング。ルックスも峰不二子そのもの。
ルパン三世を実写版にしたら、峰不二子は彼女できまり。と思わせるほど似ていました。かなり目立っていて、通行人がみな振り返って見ているくらいの綺麗な人でした。

そして、初顔合わせ。軽く挨拶をかわりました。彼女は私の服装、時計、靴を舐め回すようにみていた。
一方、私は彼女のスタイルに釘付け。

場所をホテルのレストランに移して、ワインで乾杯。そして、フランス料理を食べました。
彼女が口にゴムをくわえ、長い髪を後ろで束ねた仕草が、実にセクシーで色っぽい。
フランス料理を食べて、「美味しいわ〜」と落ち着いたら低い声でいった。

ルックス、スタイル、仕草や声まで峰不二子。その時点で私のハートは奪われました。

食事が終わり、予約していた部屋へ。
ソファーに座ってしばらく休憩しました。彼女からは甘い香りが漂っています。

私の興奮は最高潮に達し、彼女を抱き寄せ、キスしました。
彼女の唇はとても柔らかく、イチゴの味がします。すると、彼女の方から舌を入れてきて、私の舌に絡ましてきた。

ズルゥ〜、クチャクチャと音を立てながら、唾液の交換。
彼女がいきなり、私のズボンを下ろして、ギンギンになったち◯こを眺めて、ペロッとする仕草に、爆発寸前。
彼女が亀頭をペロペロ舐めてきて、パクっとほおばった。

「固くて大きい〜」と私を上目遣いで見ながら囁きました。

私は彼女のワンピースを脱がし、豊満なおっぱいをむしゃぶりつくすと、「あん、いいわ〜」と喘ぎました。また、黒いガーターベルトが性欲をそそる。
彼女のパンツを下ろして、すでにビショビショになったま◯こをレロレロ。ま◯こからラブジュースが大量に溢れてくる。それを飲み干した後に、クリちゃんを攻めた。私の舌が勃起したクリちゃんに当たった瞬間、彼女がピクッと動いた。
「気持ちい〜、ち◯こほしい〜」
「あ〜ん、きて〜」
エロい女に変身して、絶叫した。私は夢中で秘密の花園に挿入しました。そこはまるで、春の日差しを浴びているかのように錯覚を起こすほど心地いい。素晴らしい名器です。

私のマグマが噴火寸前。

「いく〜」

彼女のおっぱいにザーメンを発射。
彼女は最後に口でお掃除フェラしてくれました。
夢のような時間は過ぎ去り、キスでお別れしました。
その後、彼女とはセフレになり、色々貢いでいます。
私は心と財布の実権を盗まれました。
さすがルパン一味です。